ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒー・レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いを徹底解剖

基本的にインスタントコーヒーではない豆を挽くコーヒーを飲む時
一体どんな種類があってそれぞれどう違うのでしょうか?

大体ブレンドって何?

コーヒー専門店で豆を挽いたコーヒーを飲む場合でも比較的皆さん「ブレンドコーヒー」を
頼まれる方が多いのではないでしょうか?

価格もリーズナブルでなんとなく考えるのが面倒な人はとりあえずブレンドって感じでしょう。
でも、一体このブレンドってどんなものかご存知ですか?

そもそもブレンドコーヒーという言葉はなく、和製の造語のようです。
ブレンドという言葉の通り複数の豆を合わせて仕上げていくわけですが、
逆に言うと品種の決まった豆よりも
独自のその店の味が出るという言ってみれば看板商品でもあるわけです。

レギュラーコーヒーとの違い

これと似た名称にレギュラーコーヒーというのもあります。
このレギュラーコーヒーとは単純にインスタントではなく挽いた豆を使ってそれを抽出して入れたものになります。

レギュラーコーヒーも造語ですがたまにブレンドコーヒーと混同している人もいるので
レギュラーコーヒーは挽いた豆を抽出して入れたコーヒーで
ブレンドコーヒーはコクや酸味・苦みや香りなどを複数の豆を混ぜ合わせる事で
独自の風味や存在感を出すコーヒー
と思って下さい

ですから、インスタントコーヒーもブレンドの一部になりますね。

アメリカンとは

では、昔とっても流行した(今も流行ってるのかな?)
アメリカン。
このアメリカンどんなイメージですか?
結構普通のコーヒーを薄めて飲む「薄~いコーヒー」って感じで解釈している人は多いんじゃないでしょうか?

これは半分正解で半分間違いです

厳密に言うと本当は間違いで、コーヒー豆の焙煎が浅いものをアメリカンローストといい
そのアメリカンローストの豆で入れたコーヒーをアメリカンと呼びます。

実際に浅煎りなのでおのずと色が薄い感じのコーヒーになりますよね。

私もその昔、和風な純喫茶のような所で常連のオジサマに店のマスターがアメリカンと言って
お湯で薄めたコーヒーを出していました。
あれって間違った情報が氾濫して
アメリカン=薄い=お湯で薄める
みたいな図式になったんでしょうね。

先ほど半分正解で半分間違いといったのはそういった部分の事です(実際には違います

アメリカンの特徴

アメリカンの主な特徴は浅めの焙煎なので

■色が薄い(味が薄いわけではない)

■味が濃い

■酸味が強い

等々です。
だから実質見た目は薄く見えてもアメリカンの方がカフェインとかは多く含まれているので
眠気を取ったり朝飲むには頭がシャキッとして良いという事になります。

ストレートコーヒーって何?

これもたまに使われる言葉ですが、単純にストレートなコーヒーという事で
ブラックコーヒーを差します。
でも、あまりカフェでストレートコーヒー下さーいとは頼まないですけどね。

コーヒーの種類の基礎まとめ

いかがでしたか?
今回ホントにコーヒーの種類の基礎の基礎を解説しました。

・コーヒーには豆を挽いて入れるレギュラーコーヒーとインスタントコーヒーがある
・ブレンドコーヒーとは独自の3~5種類の豆を混ぜ合わせて作るいわばオリジナル商品である
・インスタントコーヒーもブレンドコーヒーである
・アメリカンコーヒーは豆の焙煎が浅いため色が薄いコーヒーで味や成分は逆に濃い
・ブレンドもアメリカンもレギュラーコーヒーである
・ストレートコーヒーとはブラックコーヒーの事である

まとめるとこんな感じなりました。
貴方がカフェで注文するときに何かの役に立てば幸いです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする