末松広行(農水省)事務次官の経歴や顔画像は?家族(嫁・子供)や自宅・年収が気になる!

こんにちわ!かっちゃんです。

この記事はフライデーで

セクハラ・パワハラを告発された

農水省の末松広行事務次官の

情報についてまとめたモノです。



又出ました!笑

官僚によるセクハラ・パワハラ事件。

今回は農水省です。

その当事者の末松広行事務次官

経歴や顔画像、家族(嫁・子供)

自宅の場所や年収など色々調べてみました。

末松広行(農水省)事務次官の経歴(プロフィール)・顔画像は?

では早速農水省の末松広行事務次官の

経歴(プロフィール)を見ていきましょう。


出典 アドタイ
  • 名前 末松広行(すえまつひろゆき)
  • 生年月日 1959年
  • 出身 埼玉県
  • 学歴 東京大学法学部
東大の法学部卒のインテリ中のインテリです。

まぁ顔つきもまさに「賢い!」って

感じの人相ですね。



とにかく1983年農水省に入省してから

総合食料局食品環境対策室長、

官邸内閣参事官、

官房環境政策課長、

企画評価課長、

食料安全保障課長、

政策課長

と数々の要職を歴任してきて

今年2018年の7月に

農水省の事務次官に就任した所です。



事務次官と言えば官僚のてっぺんです。

能力の高さだけではなれない立場ですので

処世術も巧みなんでしょうね。



また「アイデアマン」「食品界の英雄」とまで

評価する人もいて

仕事に対する評価は高かったようです。

末松広行(農水省)事務次官の家族(嫁・子供)は?

さてそんな農水省のエースの

末松広行(農水省)事務次官の

家族はどうなっているんでしょうか?


出典 産経新聞

奥様(嫁・妻)はいるのか?

子供は?

チェックしてみました。

しかし残念ながら

フェイスブック・ツイッター・ブログ等

SNSをやっている形跡はなく

どこからも情報が取れませんでした。



ただやはり官僚の世界。

嫉妬や足の引っ張り合い・出世競争等も

あると思います。

なので家庭もちゃんとしていない人間はダメという

感覚もあると思うので恐らく

ご結婚はされているんじゃないかと思います。

そして子供さんも末松広行(農水省)事務次官は

現在59歳ですので年代的には恐らく

いらっしゃるだろうと思われます。



今後このセクハラ・パワハラ問題が

大きくなってくるとその辺りの情報も

出てくるのではないか?と思いますので

新たな情報が出ましたら追記したいと思います。

末松広行(農水省)事務次官の自宅は?年収も気になる!

渦中の末松広行(農水省)事務次官ですが

自宅は一体どこにあるんでしょうか?



これもこの末松広行(農水省)事務次官の

セクハラ・パワハラ問題が起こるまで

末松次官が完全に知られていない人物だった為

特定はできませんでした。



但し農水省が霞ヶ関にあり

エリートという事もあり

東京都23区には

住んでいるんじゃないかと

思います。


恐らく千代田区や港区・世田谷区

辺りの大きな家に

住んでいるんじゃないでしょうか?

これも今後取材等で記者が自宅に

インタビューに行く可能性もあるので

判明してくると思います。

(追記します)



そして気になる事務次官の年収ですが

基本的に年収として見ると

恐らく推定で3000万円を超えると思われます。

そして慣例的には1~2年事務次官をやって

退職金がおよそ6000万円です。



しかもお決まりの退職後には

天下りでどっかの役員、

しかも非常勤で週一出社とかで

渡り歩きその時々の退職金で

余生を暮らすという流れ・・



ん~・・たまりませんね苦笑

まとめ

いかがでしたか?

今回はフライデーにて

セクハラ・パワハラ疑惑が報道された

農水省の末松広行事務次官の経歴や顔画像

家族(嫁・子供)・自宅や年収に

ついて書きました。

※末松広行(農水省)事務次官の

関連記事はこちら

末松広行(農水省)事務次官のセクハラ・パワハラ相手の名前は誰?その内容は?前事務次官も気になる

末松広行事務次官辞任(辞職)か?セクハラ・パワハラメールや電話の内容(中身)がしつこくて気持ち悪い!?

末松広行(農水省)事務次官と福田淳一元財務次官の共通点は?セクハラ体質は似ている?

末松広行(農水省)事務次官フライデー第2弾音声データや証拠メールはあるのか?コメントや記者会見次第で出てくる!?



今の所末松広行(農水省)事務次官は

セクハラ・パワハラの事実を否定していますので

今後騒ぎが大きくなることは必至でしょう。

注目して見ていきたいと思います。

最後までお読み頂き有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする