小田玲奈(日テレプロデューサー)の経歴は?結婚(旦那・夫)や子育て(子供)過去ドラマは?【深イイ話】

こんにちわ!かっちゃんです。

この記事は深イイ話で特集された

日テレの敏腕プロデューサーの

小田玲奈さんの情報について

まとめたモノです。



深イイ話で日テレのプロデューサーの

小田玲奈さんが特集されました。

今期期待のドラマ「家売るオンナの逆襲」を

手掛けるプロデューサーですが

経歴や結婚(旦那・夫)、

更には子供や子育てについても気になります。

また過去に手掛けたヒットドラマはなんなのか?

色々調べてみました。

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんの経歴(プロフィール)は?

では深イイ話で取り上げられた

日本テレビのプロデューサー

小田玲奈さんの経歴(プロフィール)を

見てみます。


出典 otokoto
  • 名前 小田玲奈(おだれいな)
  • 生年月日 1980年
  • 出身地 東京都
  • 学歴 日本大学芸術大学
  • 職業 日本テレビ制作プロデューサー
今では数々のヒットドラマや番組を

手掛ける敏腕プロデューサーですが

大学を卒業後は脚本家になりたくて

日本テレビに入社しましたが

実際には自分が希望する

部署には行けず

情報番組やバラエティに配属になり

担当しました。



12年の歳月を経てようやくドラマ部に異動。

企画から脚本に至るまで関わりを持つようになり

ヒット作を連発。

女性ならではの視点と発想で

新しいドラマの形を模索しています。

小田玲奈(日テレプロデューサー)さん結婚してるの?旦那(夫)は誰?

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんは

ご結婚されているんでしょうか?

旦那(夫)さんの存在が気になりますが、



いわば小田玲奈(日テレプロデューサー)さん自体も

一般人であり、元々情報も少ない事から

旦那(夫)さんに関しての情報はありませんでした。

しかし手掛けたドラマ

「ウチの夫は仕事ができない」での

インタビュー際には

結婚はしている・・とコメントしていました。



なので結婚経験はあるという事ですね。

ただ今回の深イイでは

シングルマザーとして出演されている様ですので

その後離婚されたという事でしょう。

中々時間が不規則なテレビ業界なので

もしかしたら元旦那さんは

テレビ・マスコミ関係の人だったのかも

しれませんね。

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんの子供は?子育て論も気になる!

今回の深イ話では

仕事と子育ての両立をテーマに

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんは

出演します。



そして深イイの番組予告などから

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんには

男の子子供さん(息子)がいる事が

予想されます。



名前や画像なんかは現段階では

ありませんが

番組内で名前くらいは公表するかもしれませんね。

子育て論というか、

深イイ話では、忙しいプロデューサー業と

子育ての両立をいかにしているか?

が映し出されていると思いますが、

恐らくドタバタの毎日である事は

安易に想像できますね。



でも実際テレビ局の人って

どんな毎日送っているのか

単純に興味ありますよね。

この辺りも放送が楽しみです。

小田玲奈(日テレプロデューサー)の年収っていくら?

まぁあとは下世話な話ですが

ヒットを連発している

テレビ局のプロデューサーって

年収いくら位か気になりますよね?



プロデューサーって言っても

制作会社のプロデューサーと

テレビ局のプロデューサーでは年収は雲泥の差があります

制作会社のプロデューサーは恐らく500万円位。

でもテレビ局のプロデューサーは若手でも1000万円、

恐らく小田玲奈さんクラスになると

1500~2000万円の間ではないかと思われます。



やっぱテレビ離れと言われている昨今でも

テレビ局恐るべしですね。

小田玲奈さんが手がけた「家売るオンナの逆襲」以外の過去のドラマは?

2019年1月期ヒット候補のドラマ

「家売るオンナの逆襲」ですが、

小田玲奈(日テレプロデューサー)さんが手がけた

過去のドラマは一体どんなものがあるんでしょうか?


出典 日本テレビ

やはり今回2作目となる

家売るオンナが代表作ではありますが

他には

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」

「ウチの夫は仕事ができない」があります。



どちらもちょっとこれまでと違う視点で

物事を捉えた面白いドラマでしたよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は深イ話で特集された

日本テレビのプロデューサー

小田玲奈さんの経歴や結婚(旦那・夫)、

子供や子育てについて、

また過去に手掛けたドラマや

年収について書きました。



こうやってある意味裏方さんが

取り上げられるのはあまりないので

こういう方々の努力の塊が

我々が面白く見ているドラマの完成に

なっているんだなぁとつくづく思いました。

最後までお読み頂き有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする