峯田和伸山形実家の電器店はどこ?朝ドラ個性派俳優の原点は弟との絆!

この記事は峯田和伸さんについての

情報をまとめたモノです。



今、「キテル」俳優さんの一人と

言われている峯田和伸さん。

元々はミュージシャンで現在もバンド

銀杏BOYZで活動する傍ら



個性的な演技で俳優としての顔も

売れてきている多彩な才能の持ち主です!



中々名前を聞いてもちょっと・・

言う人も多いはず

ただ、朝ドラ「ひよっこ」の

あの宗男おじさんと言えばピンとくるでしょう。



そう!あのリアル変なおじさんです笑

今回はAスタジオに出演されるという事で

峯田和伸さんの原点となった

ご実家や家族のお話を調べてみました!

スポンサードリンク

峯田和伸さんのプロフィール



早速ですが、峯田和伸さんの

プロフィールをまずはご紹介しますね。


出典 峯田和伸公式ツイッター
  • 名前 峯田和伸(みねた かずのぶ)
  • 生年月日 1977年12月10日
  • 出身地 山形県東村山郡山辺町
  • 血液型 A型
  • 職業 俳優 ミュージシャン
  • 学歴 東京情報大学経営情報学科卒
いや~これ峯田和伸さんの公式ツイッターの

画像ですが、個人的には多分

峯田和伸さんご本人かなり気に入っている

写真じゃないかなぁって思います。



なんかクールで渋めって感じで

普通にカッコよくないですか?



ただ、今回出演するAスタジオでの

峯田和伸さんはやっぱリアル変なおじさん!



いやいやリアル変な若見えおじさんって感じかな笑

40代には見えないですよねパッと見

峯田和伸さんの実家は山形一の電器店!?場所はどこ?



峯田和伸さんはプロフィールにもありますが

山形県東村山郡という所のご出身です。



Aスタジオでも披露されますが

山形訛りがヤバい!

面白いです。



な~んか見てるだけで面白いですよねこの人!



で、峯田和伸さんのご実家は

山形県一番の!・・は言い過ぎかな笑



しかし山形県東村山郡山辺町の街一番の

電器店らしいです。

その名をズバリ「峯田電器」

まぁそのままなんですが、



峯田電器さんのお父さんでもある

峯田 季志さんが現在社長さんです。



自社のホームページもあり

ちょっと拝見しましたが、

うん、街の電器屋さんという域を

越えているしっかりとしたサイトでしたよ!



フェイスブックも展開されていて

今の時流にもきちんと乗っているので

お父さんはとても優秀な経営者さんじゃないでしょうか。



ちなみにこんな人です。


出典 エルワンミネタ 峯田電器公式サイト

パッと見は堅物のガンコおやじって感じですけど

柔軟な発想を持たれているんでしょうね。



峯田電器の場所なんですが

なんと合わせて8店舗もある

ちょっとした有名店なので



山辺の本店だけ記載しておきますね。



山辺本店/
山形県東村山郡山辺町
山辺1272-4
 TEL:023-664-7912



他の店舗が気になる方は

公式サイトでチェックしてみて下さい!

スポンサードリンク

峯田和伸さんは跡継ぎの長男だった!弟との絆で上京



まぁ実際正直、街の電器屋さんと

聞いてよくあるお店にエアコンとテレビが

置いてあって



ほぼほぼその街の修理を専門にやっている

細々とした感じかなぁ~って

思っていたんですがなんのなんの。



一大企業です。

街一番というのも納得で頷けますね。



そして峯田和伸さんこの峯田家の

3人兄妹の長男なんです。

そうエルワンミネタの跡継ぎです

次期社長だったんです。



結構安泰でいいなぁって庶民の

私なんかは思っちゃうんですが、

音楽をやりたい!表現者になりたい!

という想いがかなり強かったみたいですね。



でもやはり自分は長男・・

葛藤もあったと思います。



そんな時弟さんが峯田和伸さんの

背中を押して上京させてくれたそうです。



結果的に峯田和伸さんと弟さんの

選択は正しかったという事が

今証明されようとしています。



実は峯田和伸さん、大河への

出演も予定されています。



朝ドラで一気に知名度が上がった今

大河に出れば一気に人気も上がって

仕事の幅も広がるでしょうね!



実際の所は色々あったのでしょうけど

それでも家族の絆っていいですね。

まとめ

いかがでしたか?



今回はAスタジオに出演された

個性派変なおじさん峯田和伸さんについて

書いてみました。



特に男前でもない

でもなんか面白い。



ドラマが終わったら次は

何の役で出るんだろう・・って

次の事を考えさせる俳優さんですね。



最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする