武辺寛則ガーナの有名日本人はアチュワ村の長老!?出身や死因・パイナップルのその後も【世界ナゼそこに?日本人】




こんにちわ!かっちゃんです。

この記事は

【世界ナゼそこに?日本人】

特集されたガーナのアチュワ村で

尊敬されている日本人・

武辺寛則さんの情報について

まとめたモノです。



番組でガーナで誰も知らない日本人が

野口英世よりも尊敬されているという

情報を特集します。

その人物は武辺寛則(たけべひろのり)さん。

なぜそんなに尊敬されているのか?

村の長老だという噂も・・

出身や死因に合わせて

キーポイントとなるパイナップルについても

調査しました。


武辺寛則(たけべひろのり)さんのwiki経歴・プロフィールは?

ではひとまず武辺寛則(たけべひろのり)さん

とはどのような人物なのでしょうか?

wiki経歴を見てみましょう。

  • 名前 武辺寛則(たけべひろのり)
  • 生年月日 不明 享年27歳
  • 前職 サラリーマン(商社)
  • 出身地 長崎県
  • 青年海外協力隊隊員
元々大学を卒業してからは

東京で商社にサラリーマンとして

就職していました。



しかし昔からアフリカで

「困っている人を助けたい」という

強い夢があり、

それを叶える為に

青年海外協力隊に入隊。

しかし、実際にアフリカに行くとなると

仕事を続けられず、商社の安定した生活よりも

ボランティアの青年海外協力隊を選び

ガーナのアチュワ村という所に

村落開発という任務を受けて行く事になります。

そこで前人未到の偉業を成し遂げ

一躍村の英雄となったのですが

最後は悲しい最期を迎えてしまう

悲運のヒーローでした。


武辺寛則(たけべひろのり)さんはガーナ・アチュワ村の長老!?なぜ?

実は驚くことにこの武辺寛則(たけべひろのり)さん、

享年27歳と若い青年ですが、

アフリカガーナのアチュワ村の

長老になっています。

なぜ?日本人の若者が?



実は村落開発にアチュワ村に出向いた

武辺寛則(たけべひろのり)さんは、

今日の生活もやっとやっとで

明日の希望の持ち方がわからない現地の

ガーナのアチュワ村の人達に

失敗もしながら養鶏業を提案したりして

自分達で稼ぐ素晴らしさと未来を

考える人間らしさを粘り強く教えていきました。


そしてある事業がうまくいき、

アチュワ村の人々の意識まで変えてしまった

武辺寛則(たけべひろのり)さんを

村人のマイケルさんが是非にと

感謝の意味合いで

村の長老になる事を提案。

「長老になれば日本に帰国しても

ずっと村の人間だ!」

という事で決まりました。



それほどまでに若干26~7歳の若者に

全幅の信頼を寄せていました。

ちなみに当然ですがアチュワ村で外国人の

それも26~7歳の若造が長老になるなんて

異例中の異例だそうです。


アチュワ村を救ったのはファンティパイナップル!

養鶏業プロジェクトでは

資金面で失敗した村落開発だったが

現地のパイナップル、

ファンティパイナップルを栽培する計画が

資金が必要なく、ガーナのアチュワ村でも

栽培できる事から

武辺寛則(たけべひろのり)さんが駆けずり回って

大使館等から集めたわずかな資金と

その志にやる気になった

ガーナのアチュワ村の人達が一念発起して

ファンティパイナップル栽培をはじめました。


最初は全くやる気もなく

誰かが何かをやってくれる・・と

人任せになっていた

アチュワ村の人々も

何度も何度も挑戦する

武辺寛則(たけべひろのり)さんに

心動かされました。

意識改革ってやつですかね。



でもホントに簡単には真似できない

すごい人物だと思います。

何が武辺寛則(たけべひろのり)さんを

そこまで動かしたんでしょうかね。

結果ファンティパイナップル事業は

うまくいき、

パイナップル畑は拡大されていったそうですよ。


【世界ナゼそこに?日本人】で悲しい結末を紹介!武辺寛則(たけべひろのり)さんの死因は?

そんなガーナでのボランティアに

全てを注いだ武辺寛則(たけべひろのり)さんですが、

なんと27歳という若さで

この世を去られました。



果たして武辺寛則(たけべひろのり)さんの

死因は何だったんでしょうか?

実はアチュワ村でのパイナップル収穫を

半年後に控えたある日、

村での病人を隣町に運ぶために

車を運転していた

武辺寛則(たけべひろのり)さんは

ハンドル操作を誤り事故に合い

その生涯に幕を閉じました。



しかし武辺寛則(たけべひろのり)さんは

家族にあててガーナに行く時から

遺書を書いていたそうで、

何か自分にあったとしても

納得づくで来ている、後悔はない。

もし自分になんらかのお金が集まるとしたならば

そのお金を恵まれない人の為に

使ってほしいと書かれていたそうです。

※ちなみに集まったお金で

学校が建てられたそうです。



ん~・・・

すごいですよね。

できません。私には・・

名も知れない日本人の偉人。

まさしくそういった言葉が

ピッタリだと思いました。


まとめ

いかがでしたか?

今回は【世界ナゼそこに?日本人】で

特集されたガーナで、野口英世よりも

尊敬されている有名日本人(偉人)の

武辺寛則(たけべひろのり)さんのwiki経歴、

ガーナ・アチュワ村の長老だという噂の真偽、

更にはその死因や出身地、

ガーナ・アチュワ村を成功させた

パイナップル事業について書きました。

※その他のナゼそこの日本人記事はこちら

・三浦砂織(ザンジバル)がアナウンサーを辞めた理由は?

wikiやコテージの名前・料金も【世界ナゼそこに日本人】

・山之内大(アメリカ)は赤い帽子の忍者ドクター!wiki経歴は?

手術費用もチェック!【世界ナゼそこに日本人】



もしかしたら、

まだまだこういった「偉人」とも

言える日本人は世界各地にいるのかも

しれませんね。

とっても良い番組ですね、

この【世界ナゼそこに?日本人】!

最後までお読み頂き有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする