井岡一翔現役復帰で不仲の父はトレーナーに?所属のSANKYOってどこ?

この記事は昨年末にボクシング界から

引退を表明していた

井岡一翔さんの現役復帰に関しての

情報をまとめたモノです。



ピークの絶頂期とも言える

強い時に突然の引退を

表明して世間を驚かせた

井岡一翔さんですが、7か月経って

新たに現役復帰、又所属をSANKYOに変え

拠点をアメリカに移す事が発表されました。



引退時には父でトレーナーの一法さんとの

確執も取りざたされ何かと話題になりましたが、

復帰に向けてトレーナー父になるのでしょうか?

又新たなトレーナーでの

船出になるのか気になります。

スポンサードリンク

井岡一翔さんのプロフィール

ではまずは井岡一翔さんのプロフィールから

見てみましょう。


出典 井岡一翔公式サイト
  • 名前 井岡一翔(いおかかずと)
  • 生年月日 1989年3月24日
  • 出身地 大阪府堺市
  • 身長 168cm
  • 職業 プロボクサー
  • スタイル 右ファイター
  • 実績 ミニマム・ライトフライ・フライ元世界王者
3階級もの世界王者を達成した

超エリートプロボクサーです。

井岡一翔さんが昨年末に引退を表明した時には

ほぼすべてのボクシングファンが

驚きを隠せなかったと思います。



私も個人的には超驚きました。

叔父に元世界王者で現在井岡ジムの会長でも

ある井岡弘樹さんがいいますが、

実際には父である一法さんとの二人三脚で

やってきました。

しかし、父との不仲や確執が噂された中での

引退だったので、

今回の現役復帰は嫌が応にも

注目が集まるでしょうね。

父との不仲問題と嫁と引退との関連性は?

実は井岡一翔さんは昨年突如

引退を申し出ましたが、ジムや

トレーナーで父の一法さんの間では

おおみそかに試合を組んで予定していました。



その方向で動いていたのですが、

全く違った結果に・・

これはどういう事か?

世間は騒ぎました。

井岡一翔さんは昨年5月に歌手の

谷村奈南さんと結婚し大阪から東京に

拠点を移していました。



その頃から大阪で練習しない井岡一翔さんに

一法さんはイライラしていたと言われています。

そして妻である谷村奈南さんとの結婚生活を

優先してボクシングがおろそかになっているのでは?

という疑念を抱くようになっていたそうです。



そういうギクシャクがあり

実際には井岡一翔さんが

父との不仲というか確執を抱えたまま

引退という形をとったのでは?

という憶測が流れました。



そして、父自身も

今回現役復帰の意向を発表した

井岡一翔さんに対して

「うすうす感じていた」とコメントしています。

復帰後は井岡ジムには所属せず

恐らく父の一法さんをトレーナーにすることは

ないと思われます。



個人的にですが、

結構根深いものがあるような気がしますね。

せっかく親子でやってきたのにね。

これは憶測ですが、

中々練習に来ない井岡一翔さんに対して

奥さんのせいだとか侮辱するような

事を言っちゃったんじゃないかなぁ~

な~んて勝手に思っています。

スポンサードリンク

井岡ジムから所属をSANKYOへ

で新たに現役への道を選んだ井岡一翔さんですが

ずっと所属していた井岡ジムではなく

新しくSANKYOに所属すると報道されています。



ん?SANKYO?

そんなボクシングジムあったっけ?



一応調べてみましたがボクシングジムで

SANKYOは恐らくないと思います。

このSANKYOは遊戯メーカーのSANKYO

ではないかと思われます。

なぜSANKYOに所属?

と思いましたが、まぁスポンサーとして

ついていたSANKYOさんが

井岡一翔さんの受け入れ先としてひとまず

手を挙げたのでは?と思います。



ただ、もし私の調査不足で

SANKYOというジムがあったら

ゴメンナサイ!



アメリカでの復帰戦は9月8日に

ロサンゼルスで行われるそうです。

かなり注目される試合になるでしょうね。

井岡一翔さんが復帰した事で

日本人プロボクサー界が

また面白くなりそうです!

まとめ

いかがでしたたか?

今回は昨年引退表明した

3階級王者の井岡一翔さんの

電撃復帰について書きました。



現役時代から必ず面白い試合の

マッチメイクには名前が挙がっていた

井岡一翔さん。

少しのブランクがありますが

必ずまたあの強い井岡一翔さんが

戻ってくると信じています。

また世界を取って日本人対決なんて

見てみたいですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする