コーヒーの効能~うつ病が1日3杯のコーヒーで軽減される!?~

コーヒーの効能について考えていく上で、コーヒーを飲む事でうつ病の発症リスクが軽減されるという事が言われています。
今回はこれについて考えてみたいと思います

コーヒーがうつに有効な効果があるかは賛否両論

コーヒーがうつ病に有効かどうかというのは実は
良いという意見と悪いという正反対の意見が存在します。
一体なぜこのような違いが生まれるのでしょうか?

実際にはアメリカの国立衛生研究所の研究結果から
1日に4杯以上コーヒーを飲んでいる人はうつ病のリスクが10%減少する


というデータがあります。又別の研究でアメリカのハーバード大学が行った調査では
コーヒーを1日に2~4杯飲んだ人は飲んでいない人に比べて自殺の危険性がおよそ50%減少するという調査結果があります。

この現象の根拠となるのがコーヒーの中に含まれるカフェインの効能だと言われています。

カフェインが神経の回路を刺激して抗うつ効果を促すと言われている
ドーパミンやセロトニン、そしてノルアドレナリンといった神経伝達物質の分泌を促進するのが理由だとされています。

そして、コーヒーでうつを予防するという見解は
イギリスのニュースサイトでも紹介されており
ある種、全世界で認知されている事実だという事になります。

否定的な意見にも根拠がある

しかし一方では逆説的になりますがコーヒーはうつ病に良くないという意見もあります。

これはどういう事かというとそもそもうつ病自体がアドレナリンやセロトニンの脳内神経伝達物質の
なんらかの異常によって引き起こされるものなので、先ほど良いとされたカフェインによって
逆にバランスが崩れて交感神経を刺激し、うつ状態が悪化するという事も言われています。

えッ!?一体どちらの意見を信じたらいいの?

こう思ったのではないでしょうか?

現在のあなたの状態で判断するのが正しい飲み方です

実はこれ、どちらも正解であるといえます。
どういう事か?
これは現在の貴方のうつ病の状態で判断すればいいのではないかと思います。

コーヒーを飲むことで自殺の危険性や神経回路の抗うつ効果を促すとあるのだから
現在まだ発症していなくてこれからの発症リスクの軽減や予防をしたい方


こういう方にとっても効果があり

カフェインが脳内神経伝達物質の分泌に異常をもたらす可能性があるのだから
現在うつ病を発症していて医師から処方されたなんらかの薬を服用している


こういう方はコーヒーを飲むことでうつ病が悪化する可能性がある

個人的な見解ではありますがこの様な位置づけができるのではないかと思います。
私個人としては何か落ち込んだりした時にコーヒーを飲んだからといって
特別気分が塞ぐような感覚は全く無いようにに思います。

うつ治療中の方はノンカフェインコーヒーも選択肢に

ただ、このような情報は実際にうつでお悩みの方で且つコーヒーが好きという方には判断が難しい部分でもあると思います

ですから私からの提案としましてはうつで治療中の方は気分が落ち込んだ時にはできるだけコーヒーは避けたほうが無難。

それでも、コーヒーが好きでコーヒーを飲みたいと思っているうつ病を発症している方もいらっしゃると思います
そういった方は、いわゆるノンカフェインのコーヒーを選んで飲んでみてはどうでしょうか?
カフェインが多い飲み物として他にも緑茶や紅茶など、これらも多くカフェインを含んでいますので注意が必要です。

いかがでしたか?

結論、コーヒーはうつ病に効果的だという事は大いに言えますので予防やリスク回避の為に
1日3杯(取りすぎない為に3杯位)コーヒーを飲むことを推奨します。
ただし、現在発症中の方はカフェインが悪い作用を及ぼす可能性もあるので
できるだけ、カフェインを含まない「ノンカフェインコーヒーを飲む」という事を意識しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする