その口臭もしかしてコーヒーが原因!?なぜコーヒーを飲むと口臭があるの?

淹れたてのコーヒーは本当に心を癒しそして優雅な気持ちにしてくれます。
しかしそのコーヒーを飲んだ後、

「ちょっと口臭があるんじゃない?」

なんて言われた事ありませんか?

その口臭の原因はコーヒーだった!?

口臭には様々な原因があります。
例えば歯磨き不足で口内が不衛生になっている事による口臭。
それに伴う歯槽膿漏による口臭。
胃が荒れていることによる口臭。

そしてこれらに加えて、実はコーヒーによる口臭も大きな割合を占めています。

スポンサードリンク

なんでコーヒーで口臭がするの?

では、なぜコーヒーを飲むと口臭が発生するのでしょうか?
コーヒーをよく飲む方ならお判りでしょうがコーヒーを飲むと舌にコーヒーの黒い色が付きますよね?

これって舌の粘膜にコーヒーの成分が付着してるのと同じで、
その中のカフェインが時間が経つにつれて臭いの基にになっているようです。
これは色々諸説あるのでこれだけが原因とも言えませんが、

まぁ飲む度ごとうがいしたり、歯磨きしたりしている人は大丈夫ですがそうじゃなくて、
重ねてたくさんコーヒーを飲んでいる人は舌への付着も多く
それが原因で口臭が発生している可能性もあります。

利尿作用で口臭が出る

これもひとつの説ですが、コーヒーの利尿作用で体内の水分が減り、
口内の水分(唾液)も減り、そして唾液が減るので口内菌の繁殖が増えて口臭の基になります。

カフェインが胃の不調を引き起こす事によるもの

そして、コーヒーに含まれるカフェインが空腹時などにコーヒーを飲む事によって胃液だけがたくさん分泌されて、胃が消化不良を起こし、それによってきつい口臭の原因になったりします。

コーヒーが原因の口臭を予防する・出てしまった口臭を抑える方法

じゃぁコーヒーによる口臭をどうやって予防したり抑えるのか?ですが

空腹時に飲まない

上記にもありますが、空腹時にコーヒーだけを飲むのは避けましょう。
もし飲むならパンなど何か食べ物と一緒に摂取するようにしましょう。

水を飲む

とってもシンプルですが効果抜群です。
コーヒーの利尿作用で体内の水分が取られていくのだから、単純にそれを補給する意味で水を飲みます。
又、水を飲む事で口内(特に舌)についたコーヒーの微粒子を洗い流してくれる効果があります。

舌用ブラシを使って舌の汚れを取る

こちらもそのままですが、
舌に付着したコーヒーの微粒子が口臭の原因なのだから直接舌を磨くと絶大な効果があります。

ガムを噛む

ガムを噛むというのも効果的です。
ガムを噛むと自然と唾液の分泌が多くなるので口内環境にはプラスです。
水分が増えて菌の繁殖を抑えます。

あとどうせなら歯にも良いとされるキシリトール系がいいですね。

まとめ

結論ですが、今回はコーヒーがテーマですが実はカレーでも同じことが言えます。
これは結局カレーも舌に残りやすいという点が同じだからですね。

ですから、コーヒーによる口臭が疑われる場合はとにかくまずは水分補給とうがいなどでコーヒーの微粒子を洗い流す。
そして一番効果的な方法は舌磨きをして、舌についているコーヒーのかすや微粒子を落とすという事です。

いかがでしたか?

おいしくて心も癒され香りも楽しめるコーヒーですが口臭は私たちにとっては大敵です。
コーヒーによる口臭を防ぐ・抑える方法はとても簡単にできるものばかりなので是非有効活用してみて下さいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする