今、大注目のコーヒーソムリエって?資格の取り方から活用法までを教えます




あなたはコーヒーソムリエって知っていますか?
今、密かにブームになりつつある

コーヒー専門の認定資格です。

そもそもどういう資格か?

このコーヒーソムリエですが、

そもそもどういう資格なのでしょうか?
コーヒーソムリエを認定しているのは

日本安全食料料理協会(JSFCA)という団体です。



様々な食に対するスペシャリストを

目指す人々にそれぞれ一定のスキルがある事を

基準を設けて認定しているようです。

コーヒーソムリエの他にも紅茶マイスターや

薬膳調整師等々たくさんの

資格を用意しています。



その中でコーヒーソムリエはコーヒー

の特化してその歴史から豆の選び方、

コーヒーの淹れ方、

カップの種類に至るまで網羅して

その知識を習得度合いを計る資格です。


どんな人が資格を取るべき?

当然国家資格ではありませんので、

資格を取っただけでは大きなアドバンテージはありませんが、

食の知識を認定している団体から認められたという

ある種権威的なものは得られると思いますので、
やはり、

将来又は現在カフェを経営している

もしくはこれからするという人。

料理教室や、セミナー等で

何かを教える立場にある人。

あとは、

趣味や、ただただコーヒーが好きで

極めたいと思っている人
こういう人にはとっても魅力的な

資格なのではないかと思います。


どんな問題が出るの?

これは、本当にコーヒーという事に

特化して多岐に渡っています。
項目は10項目

■コーヒーの歴史

■生豆の選び方

■豆同士の相性

■コーヒー豆の産地

■コーヒーの淹れ方

■淹れ方と味の関係

■コーヒー豆の種類

■豆の違いによる焙煎

■ラテアート

■コーヒーカップの種類

ざっとこんな感じでこれらの知識

全てを試されます。

まぁこれだけの事を一定量の知識として知っていれば

十分資格者として通用するのではないか

と個人的には思います


試験はどうやって行われるの?

認定試験は2か月に1回

偶数月に行われているようです。

試験期間は5日間で合否は試験終了から

約1か月後に通知が送られてきます。

費用は1万円でちょっと高めですね。

ただ完全在宅で受験ができるので

おちついてゆっくりと取り組めば

資格取得は難しくないかもしれません。



合格の基準は70%の正解率とされているので

一般的にはハードルが高い正解率ですが、

在宅受験という事なので

そんなに気にすることはないでしょう。

コーヒーの資格も様々あって

他にもコーヒーインストラクターや

コーヒーマイスターなどありますが、

このコーヒーソムリエの人気度は特に高いと言えます。


勉強方法は?

あなたの資格に対する捉え方次第です

ここが一番頭を悩ませる所です。

これはあなたがこの資格を

どう捉えているかによって変わってきます。

もしあなたが

「資格は自分のブランディングのひとつだ」

位の感覚なら、
このコーヒーソムリエの資格は

在宅受験なのでひとつひとつ問題の答えを探しながら

回答していくという方法でもいいでしょう。

独学なら必ず本を読みましょう

べたな方法ですが独学できちんと向き合いたい

と思うのであれば、やはり専門書を数冊購入して

勉強するのが一番無難です。

古本屋で恐らく

1冊100円程度で入手できるでしょう



本はある程度体系的に情報がまとめられているので

あっち行ったりこっち行ったりしないで

集中して覚えることができます。


確実に取得して将来に資格を役立てたいのなら専用の講座を受けるべき

時間を無駄にしたくない、確実に資格をゲットしたい。

そう考えるなら資格に沿った

講座を受けるべきでしょう。

試験を実施している日本安全食料料理協会(JSFCA)が

推奨している講座があり、

諒設計アーキテクトラーニングという所が

コーヒーソムリエを対象にした専用の

講座をやっているようです。

こちらの講座を受講して修了すると

コーヒーソムリエの試験そのものが免除されたり

様々な特典があるようです。

ただ、やはり費用がかかるので

その辺りを自分の環境と合わせて

考えてみてはどうでしょうか?



確かに確実に取得して

時間短縮には良いかもしれませんね。

いかがでしたか?

資格というモノはそれだけで

何か特別な感覚を人に与えます。

ワインもソムリエが選んでくれたワインなら

なんだかおいしく感じたり、

料理に合っていると思ったりします。

もし、あなたが今後カフェを開きたいと考えるなら

是非取っておきたい資格ですね。

コーヒーソムリエから選んでもらったコーヒーを

飲むお客様はきっと満足するんではないかと思いますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする