これで解決!コーヒーの染み一発除去ができるこんな裏ワザあります

楽しいコーヒーブレイク中に「あっ!!しまった」とついコーヒーを洋服にこぼしてしまう
事ってないですか?
お気に入りの服だったらそれだけで1日機嫌が悪くなりそうです。
そんな時一発で悩みを解決してくれ、コーヒーでできた染みをすぐに除去してくれる裏ワザがあります。


意外にしつこくないコーヒーの染み


コーヒーって色自体が黒いので衣服についちゃうと全く取れないってイメージありませんか?
特に白いシャツなんかにこぼしてしまうとうわっ!って思わず声が出そうですもんね。
しかし、あなたが思っているよりもコーヒーは実はそんなに強敵ではありません。

その染み、水洗いで取れるかも。でもスピード勝負です


えっ!?と思われるかも知れませんが、コーヒーの染みがついてすぐなら、水で洗って取れるというケースが結構多いんです。
元々コーヒー自体水やお湯で作るという事もあり、とても水と相性が良いので
染みがついた瞬間すぐに水で洗うと取れます。

取れますが本当にこれはスピード勝負です。


いかにすぐに洗えるかがポイントになってきます。
当然洗剤等を使って洗いたいという気持ちはわかりますが、実はそれよりもすぐに洗うという事の方が大事なのです。

厄介なコーヒーのミルク


但し、コーヒーにミルクを入れていた場合、この方法だとうまく取れない場合があります。
ミルクは油分が含まれているので水だと弾いてしまって取れないんですね。

その場合は洗剤を使用した洗い方になります。

家庭用洗剤でサクッと染み取りをする方法


用意するのは

・家庭用洗剤(中性洗剤)

・簡易シミ取り棒

です。

この簡易の染み取り棒は割り箸にコットンの切れ端かなんかを巻いて輪ゴムで止めたものでOKです。


手順


1 染みの部分を水で濡らします

2 綿の素材なら直接中性洗剤をかけるか先ほどの染み取り棒を水で濡らせてそこに洗剤を含ませます

3 染み取り棒を使う場合は洗剤を含ませた状態でトントン叩くように染みにアプローチします。

4 洗剤が行き渡ったら染みの部分を軽く揉んでいきます

5 水で流します。

基本的にこれでほぼ取れます。

それでも取れない頑固な染みには最後の手段


中性洗剤でほぼほぼ取れるのですがたまにしつこ~い染みもあります。
洗剤で洗っても取れなかった染みには最後の手段を使います。

漂白剤で完全除去


水洗い・洗剤でも取れない頑固な染みには漂白剤を使います。
この時に使う漂白剤は基本的に酸素系のものにしてくださいね。
塩素系のものだと染料も色落ちして(白く)しまうので要注意です。

まずは色落ちテスト


まずは、染みのついた衣服が漂白剤で色落ちしないか確認が必要です。
洋服の見えない部分でテストします。
先ほどの染み取り棒に漂白剤(酸素系)をつけてトントンします。

次に、ドライヤーなどの熱風をあててみます。しばらくして色落ちしていないようであればOKです。

あとは漂白剤を塗った染み取り棒でコーヒーの染み部分をトントンして水で洗い流します。

これで、恐らくコーヒーの染みは完全除去できているはずです。
しみ抜きが完了した事を確認してから洗濯機で再度洗いましょう。

ここまでの一連の作業もやはりスピードが重要です

外出先でのしみ抜きは市販の染み取り棒を活用


染み取り棒は実は市販で売っているものがあります。
確かに自宅なら割り箸・コットンなどすぐに用意できると思いますが、外出先では中々難しい。
かといって、先ほども申し上げたように染み抜きにはスピードが重要です。

いざ、染みができてから染み取り棒を買いに行っていては遅いです。

この市販の染み取り棒はすでに溶剤を含んだ綿棒型になっているのですぐに使えます

かさばるものではありませんので、ちょっとカバンの中に入れておくのもいいと思います。
数百円で買えるモノなのでお気に入りの洋服を守る為と思えば安い買い物ではないかと思います。

いかがでしたか?

今回は自宅ですぐにできるコーヒーの染み抜きについて解説しました。
何度も言いますがコーヒーの染みはスピードが大事です。
すぐ水洗い、すぐ洗剤、色落ちテストをしてからすぐ漂白剤ですよ!

もし、自宅でコーヒーをこぼしてしまった時にはお試しくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする