小泉信三のやけど(火傷)の顔画像や理由は?名言や本(全集)はクリスチャンの信仰が影響!?




こんにちわ!かっちゃんです。

この記事は歴史秘話ヒストリアで

紹介された天皇陛下の教育係(先生)

であった小泉信三さんの

情報についてまとめたモノです。



2019年に退位され上皇となられる

天皇陛下ですが、

天皇陛下が

皇太子だった頃の教育係の

小泉信三さんが注目されています。



顔にやけど(火傷)の跡がある

理由や顔画像は?

小泉信三全集という本や名言があるというが

どういったものなのか?

またそれは小泉信三さんがクリスチャンだった

事が内容に影響しているんでしょうか?


小泉信三さんの顔のやけど(火傷)の理由や画像は?

小泉信三さんの経歴や

詳細については別記事にしていますので

そちらをご覧頂くとして

ここでは小泉信三さんの顔のやけど(火傷)に

ついて触れておきたいと思います。



小泉信三さんは顔に大きなやけど(火傷)の

跡がありますが

それはなぜなんでしょうか?

やけど(火傷)の理由は?



実は小泉信三さんのやけど(火傷)の

理由は昭和20年の東京大空襲の時に

焼夷弾に接触してできたやけど(火傷)

だそうです。



焼夷弾でやけど(火傷)!?



ちょっと時代を感じてしまいますが

天皇陛下のご年齢を考えると

その先生である小泉信三さんが

焼夷弾によるやけど(火傷)を

していたという事実も頷けます。



やけど(火傷)を負った

小泉信三さんの顔画像は

こちらになります。


出典 文藝春秋BOOKS


出典 国際留学生協会

見るだけで痛々しいですが

それだけ焼夷弾の威力も

凄まじかったと言えるかもしれませんね。


小泉信三さんの名言とは?本(小泉信三全集)も気になる!

そんな小泉信三さんですが

数々の名言を残しています。



その内の2~3個を

ここで紹介しておきましょう。



1 百冊の本を読むより、
  百人の人物に会え。



2 練習は
  不可能を可能にする。



3 人生において、
  万巻の書をよむより、

  優れた人物に
  一人でも多く会うほうが
  どれだけ勉強になるか。



1と3はやや似ている様な内容ですが

2番においてはその名言がタイトルの

本もある位です。




どれも普通の人が言うと

「そんなの当然ジャン!」と

思う様な事もやはり

天皇陛下の教育係(先生)という

重い肩書のバックボーンがあると

途端に深い意味に聞こえてくるから

不思議ですよね。



私は個人的には

2番の百冊の本を読むより、
百人の人物に会え。

が好きですね。



また、文藝春秋から

小泉信三全集という本も出ています。

26巻と別巻合わせて計28巻もある

大作です。


こんな感じの辞書みたいな厚さのものが

28巻も・・

一体何が書かれているんでしょうね。

古書にはなりますが

オークションサイトやメルカリなどで

6000円前後で販売されていますので

興味ある方は探してみて下さい。


小泉信三さんはクリスチャン!?天皇陛下の思想にも影響が!?

小泉信三さんはキリスト教徒で

クリスチャンです。

という事は天皇陛下もクリスチャン的な

思想に影響を受けている!?

と疑問が出ますが、

まぁそれはないと思います。



陛下は陛下のお考えで

何事もお決めになられていると

思っていいんではないでしょうか。



一時被災地に赴き

被災者に膝をついて目線を合わせて

お話になる姿に

このような疑問が出た事がありましたが、

あれはあくまで天皇陛下が

自らの御意志で被災者の気持ちに

寄り添いたいという意向で

あのようになされたのだと思います。



まさに時代に合わせた象徴としての

「天皇の姿」を体現されたのでしょうね。


まとめ

いかがでしたか?

今回は天皇陛下の教育係・先生を

務めた小泉信三さんの

やけど(火傷)の理由や顔画像、

また名言や本(小泉信三全集)・

クリスチャンとして信仰と

天皇陛下への影響に

ついて書きました。

※小泉信三さんや皇族の関連記事はこちら

・小泉信三(天皇陛下教育係)先生の経歴や家系図は?

小泉純一郎との関係や家族(嫁・子供)も【歴史秘話ヒストリア】

・秋篠宮佳子さまカツアゲ!?プリクラ画像や彼氏・性格・可愛い私服や結婚もチェック!



もうまもなく平成というひとつの時代と

天皇陛下の壮絶な公務が終わりを告げますが

上皇となり穏やかな日々をお過ごしに

なられるのを

小泉信三さんも願っているでしょうね。

最後までお読み頂き有り難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする