深澤直人の年収や家族構成は?プロダクトデザイナーって何?【au】

この記事はauが新たに発売する

ガラケー型端末「インフォバー」の

デザインを手掛ける

プロダクトデザイナーの深澤直人さんの

情報についてまとめたモノです。



昨今のSNS疲れやアプリの使い過ぎ等

スマホ依存がささやかれる中

auのKDDIが新たな端末を発表

斬新なデザインのその携帯電話は

インフォバーと呼ばれる端末で

デザインを手掛けるのが

プロダクトデザイナーの

深澤直人さんです。



この端末も気になりますが

プロダクトデザイナーって何?

深澤直人さんって誰?という声も。

そこで深澤直人さんの家族構成や年収などの

情報を調べてみました。

スポンサードリンク

深澤直人さんのプロフィール

では、まずは深澤直人さんの

プロフィールから見てみます。
  • 名前 深澤直人(ふかさわなおと)
  • 生年月日 1956年~
  • 出身地 山梨県
  • 学歴 山梨県立甲府工業高等学校卒
  • 職業 プロダクトデザイナー
  • 多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授
デザイナーであり

大学教授も兼任している強者です。

でもなんでこう有名デザイナーって

年配の人多いんでしょうね笑



無印良品のデザイナーも担当されているみたいです。

ただ、深澤直人さんを検索すると

「パクリ」なんてキーワードも出てきたりするので

ちょっと気になる所ではありますね。

プロダクトデザイナーってどんな仕事?

この深澤直人さんのお仕事である

プロダクトデザイナーって一体

どんな仕事なんでしょうか?



プロダクトデザイナーとは

私たちの身近な生活用品はもちろんの事

重工業機器や電化製品、

大きくは飛行機まで

ありとあらゆるものの

デザインを手掛けるデザイナーさんです。



ん~こうやって書くと

よく言えば幅広い

悪く言えば何でもやみたいに聞こえますが

オールマイティーに知識や

感性が研ぎ澄まされていないと

出来ない職業でしょうね。



なので実際深澤直人さんも

生活用品販売の無印良品のデザイナー

として活躍しているのでしょう。

ただデザインするだけではなく

まずは市場調査やマーケティングに関する

事を調べ商品のコンセプト作りから始める様です。



最終的な流通の部分にまで関わっていく

いわば総合プロデューサーの様な

役割の仕事と言えるでしょうね。

深澤直人さんの年収や妻・子供は?

そんな深澤直人さんですが

世界的なプロダクトデザイナーである

深澤直人さんの年収って一体いくらなのでしょうか?



これは中々つかみにくいモノがありますね。

というのもデザインというのは

その人にしかできないものではありますが

価値を付けるのは他人・・という

側面があります。



実際プロダクトデザイナーとしての

一般企業で勤める人の平均年収は約700万円です。

ただこれがフリーランスとなると

500万円~有名人にもなると

数千万円という事になってきます。



深澤直人さんの場合は明らかに

世界的なデザイナーという事で

有名人なので少なくとも数千万円の

年収はあるとは思われます。



但しこれはあくまでも推測で

実際にはもっとたくさんある可能性は

充分にありますね。



又奥さんや家族に関しての情報は

色々探しましたが見つかりませんでした。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は新たに発売されるauの

新機種インフォバーのプロダクトデザイナー

深澤直人さんについて書きました。



スマホ全盛の今だからこそ

出す商品という事で

この端末が当たるかどうかで

今後の業界の動向も変わっていく

可能性を秘めています。



また、ガラケー世代と言われる

年配層だけでなく

若い世代に受け入れられるかが

鍵にもなってくるでしょうね。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする