かわかみじゅんこの顔【画像】は?原作が中学聖日記としてドラマ化

この記事は有村架純さんが

主演を務める「中学聖日記」という

ドラマの原作者であり

漫画家のかわかみじゅんこさんの

情報についてまとめたモノです。



10月期スタートのドラマに

「中学聖日記」というドラマがありますが。

初教師役を務める主演の有村架純さんが

話題ですが

そのドラマの原作はかわかみじゅんこさんという

漫画家さんです。

現在フランスに在住するかわかみじゅんこさんとは

一体どんな人物なのか?顔や画像は?

色々調べてみました。

スポンサードリンク

かわかみじゅんこさんのプロフィール

では早速、かわかみじゅんこさんの

プロフィールを見てみましょう。
  • 名前 かわかみじゅんこ
  • 生年月日 1973年2月16日
  • 出身地 茨城県
  • デビュー 1995年「「恋はザッツワチャドゥ」
  • 現在 フランス在住
  • 趣味 旅行
デビュー当初はボーイズラブ系を書いていました。

今回ドラマ化される中学聖日記は

2013年から執筆していて

内容としては中学校教師である

有村架純さんと生徒との禁断の恋の物語で

恐らく多少のドラマ用の脚色は入ると思われますが

ハラハラドキドキ系の物語ですね。



正直有村架純さんの演技次第で

作品の良し悪しは決まってくると思います。

ありがちな展開だけにグッと盛り上がるか

しらけてしまうか注目の作品ですね。

かわかみじゅんこさんはどんな顔?画像は?

さて、ではフランス在住の

漫画家かわかみじゅんこさんって一体どんな

お顔をしているんでしょうか?

気になりますね。



こちらが、かわかみじゅんこさんの画像です。


出典 ネイバーまとめ

40代の主婦さんって感じですが

やはりちょっとインテリの雰囲気はありますよね!

勝手なイメージですが、

なんだかラジオのパーソナリティみたいな

見えるのは私だけでしょうか?笑



かわかみじゅんこさん自身は

今回自分の原作がドラマ化されることについては

とても喜んでいるみたいです。



主演の有村架純さんに対しても

好意的で朝ドラからのファンだったようですね。

原作がある作品のドラマ化は

色々とドラマでの設定等でもめたりするものですが

かわかみじゅんこさんはその辺も

スタッフの原作の空気感をなるべく残そうと

していると感動してるようです。



是非ヒットしてほしいですね。

スポンサードリンク

旦那さんや子供さんはいるの?他の作品が気になる!

そんなかわかみじゅんこさんですが、

旦那さんや子供さんといったご家族はいるんでしょうか?



実はフランスでの旅先で知り合った

フランス人のフィリップさんと2004年に

ご結婚されています。

又2005年には女の子を出産している様ですね。

子供さんと旦那さんの画像は調べてみましたが

ありませんでした。



あと中学聖日記以外の

かわかみじゅんこさんの作品も気になりますね。

他にはどんな作品があるんでしょうか?



2010年から結構たくさん書いているイメージです。

フローラ(2015年)
長女だからって。(2012年)
いたいけざかり(2011年)
日曜日はマルシェでボンボン 1-6(2010年)
パリの鈴木家(2010年)

とあり2013年から中学聖日記を書き始め

現在も連載中です。



でもかわかみじゅんこさんの

作品の中では肩の力を抜いて読める

「パリパリ伝説」が結構好きです。

絵も面白いですしね。



全く中学聖日記とは違ったタッチですが

興味がある方は是非読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は10月期スタートの注目ドラマ

中学聖日記の原作者

かわかみじゅんこさんについて書きました。

※中学聖日記の関連記事はこちら

【中学聖日記】中山咲月かっこいい!イケメンバーテンダー青山更紗役の性別は?

中学聖日記に気持ち悪い不快という声!鈴木福ならリアルかも評価チェック

中学聖日記でパスワード盗んだ赤いパーカーの黒幕は誰?夏木マリか!?



この作品ははるか遠く日本から離れた

場所で妄想を作品化したとかわかみじゅんこさんは

語っていますが、

よくありがちな先生と生徒の恋物語を

いかに視聴者を引き付けるものできるか

今からとても期待をしてしまいます。



もちろん、色々なご苦労があるとは

思いますが、フランスで優雅に

執筆されていると思うと

日本であくせく働いている庶民の

私はとっても羨ましく思っちゃいます。笑

一度は言ってみたいですね・・フランス・・

いいなぁ笑

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする