ヨシダナギ少数部族との撮影作品の価格は?言葉は喋れる?【行列】

この記事は少数民族の撮影を

専門に撮り続けている写真家

ヨシダナギさんについての情報を

まとめたモノです。



とってもニッチというか

専門職とでもいうのでしょうか?

部族、それも少数民族を

撮り続けている写真家がいます。



ヨシダナギさんがその人です。

今回行列のできる法律相談所に

取り上げられます。

そこで、一般写真家とは違う

ヨシダナギさんの撮影流儀を調べてみました。



又ヨシダナギさんの作品は買えるのでしょうか?

買えるとしたならばいくら位なのでしょうか?

スポンサードリンク

ヨシダナギさんのプロフィール

ではヨシダナギさんのプロフィールを

ちょっと見てみましょう!


出典 ヨシダナギ公式ツイッター


  • 名前 本名不明(ヨシダナギはビジネスネーム)
  • 生年月日 1986年
  • 出身地 東京都江戸川区
  • 身長 165cm
  • 血液型 A型
  • 職業 フォトグラファー
名前は不明です。

どうやらヨシダナギは本名ではないらしいですね。



まぁとにかく謎が多い人物です。

でも写真からも

クリエイターって感じはしますよね!



とにかく経歴変わっていて、幼少期に

マサイ族に興味を持ち、アフィリカにも

興味と憧れを抱くのですが



なぜか過去に芸能界でグラビアをやったりもしています。

ヨシダナギさん部族専門の写真家に転身!言葉の壁は?

紆余曲折あり、写真家に転身するのですが



なんと写真家といっても



少数民族・部族の写真を専門に撮る

女性写真家というかなり

ニッチな職業になりました。



彼女は部族の普段通りの自然な

姿を生き生きと撮りたいという気持ちと

アーティスティックな写真を撮りたいという想いから



警戒心を取る為に部族と同じ「裸」になり



フェイスペイントを施し美しいアートの様な姿で

部族の人々を撮影し

その作品を販売しています。



特にヒンバ族の美しさには定評がありますね!



又普段とは違うアートとしての

少数民族の美しい姿を収めた写真も人気を博しています。

こんな写真を撮れるのもやはり

部族との信頼関係を作っているからでしょうね!



現地の言葉は喋れるかどうかはちょっとわかりませんでした。

でもアフリカの人ってボディーランゲージや感覚で

意思疎通ができているのかもしれませんね!



1年間の内のおよそ4分の1から3分の1位は

アフリカに行っているらしいので少しは話せるかも・・

スポンサードリンク

ヨシダナギさんの作品はいくら位?

ヨシダナギさんの作品は一般に

ネットで販売されています。



その作品はやはり、本当に

いつもの部族の姿を素敵に撮っています!



作品にもよりますが

1万2千円位で購入できます。



とんでもなく高い価格ではないので

もし興味があればひとつ

購入してみてはいかがですか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?



今回はヨシダナギさんという

とんでもなく風変わりな部族専門の写真家を

取り上げてみました。



世の中色々な仕事があります。



行列の本編では更に詳細な情報が

公開されると思います。

一体どんな人なんでしょうか?



ちょっと楽しみですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする