100年前ジーンズ完全再現の名前は藤木将己!wikiプロフィールは?お店や通販も【クレイジ-ジャーニー】




こんにちわ!かっちゃんです。

この記事はクレイジージャーニーで

特集された

「100年前のジーンズを完全再現する男」

の情報についてまとめたモノです。



クレイジージャーニーで

ビンテージジーンズにこだわり

100前のジーンズを完全再現することに

熱狂している日本人を紹介します。

NYに在住のその人物の名前は

藤木将己さんだと思われます。

wikiプロフィールは?年収や結婚(嫁)等

気になります。

またお店はあるのか?通販で

藤木将己さんのジーンズは買えるのか?

調べてみました。


クレイジージャーニーに100年前のジーンズ完全再現の男を特集!

クレイジージャーニーで

100年前のジーンズを再現することに

異常にこだわる職人がいる事を特集しました。



ビンテージジーンズにとことんこだわり

100年前のジーンズの再現を実現する為に

アメリカのニューヨークに渡り

当時の道具や環境を整えて

取り組んでいます。



一体どんな人物なのか?

とっても気になりますね。

私もジーンズは履きますが

ビンテージ派ではないので

100年前のジーンズがどういった

ものかは想像もつきませんが

番組放送ではコアなファンなら

たまらない放送になりそうです。


藤木将己さんのwikiプロフィールや顔画像は?

ではこの100年前のジーンズの完全再現に

こだわる職人、藤木将己さんの

wikiプロフィールを

見てみましょう。


出典 warpweb
  • 名前 藤木将己(ふじきまさき)
  • 生年月日 1974年
  • 出身地 京都府
  • 職業 職人
  • 所属 ウエアハウス(WAREHOUSE)プレス
1995年に大阪で創業された

ヴィンテージを忠実に再現復刻する為に

作られたアメリカブランドの草分け的な会社

ウエアハウスに入社して

その腕を発揮しています。

藤木将己さんは会社創業2年後の

1997年に入社しました。



趣味として野球をやっているそうで

ヴィンテージジーンズ・野球共に

アメリカに魅せられた人物だと言えます。

ちなみに紅白戦ができるほど

グローブを所有しているそうですよ笑

今回100年前のジーンズの再現という事で

どこまで本物に迫れるか?

という所にも

藤木将己(ふじきまさき)さんの実力が見れる

気がしますね。



とにかく古いモノが好きなようで

通勤にもお気に入りの

古本屋さんで購入した古本を読みながら

通勤しているという事です。


藤木将己さんのお店はウエアハウス(WAREHOUSE)通販でジーンズ買えるの?

さてそこまでこだわりがあるなら

ジーンズファン、

もっと言うとヴィンテージジーンズファンは

じゃぁそのこだわりの

ジーンズって通販で買えたりするの?

って思うと思います。



そこで調べてみると

今回特集された100年前のジーンズかどうかは

わかりませんが、

ウエアハウス(WAREHOUSE)

オンラインショップとして

ジーンズだけではなくGジャンや

シャツなど色々なアイテムが通販で買えるように

なっています。


出典 ウエアハウス(WAREHOUSE)

やはりこだわりの製作なので

やや高めの価格設定ですが

気になる方は見てみて下さいね。


藤木将己(ふじきまさき)さんは結婚しているの?嫁は?年収も気になる!

ではそんな仕事に生活に

こだわりを続けている藤木将己さんは

ご結婚されているんでしょうか?

奥さん(妻・嫁)の存在は?



残念ながらSNS等を調べましたが

奥さんや子供存在がわかりませんでした。

ジーンズ愛が強すぎて

もしかしたら独身なのかもしれません。



又年収に関しては

藤木将己さんは経営者ではなく

あくまでウエアハウス(WAREHOUSE)に

務める会社員さんなので

そこまで多くの収入はないかも

しれません。

まぁ個人的な予測ですが

約600~800万円位なんじゃないか?

と思います。

(あくまで勝手な予想です笑)


まとめ

いかがでしたか?

今回はクレイジージャーニーで

特集された

100年前のジーンズを再現する男・

名前は藤木将己さん。

藤木将己さんのwikiプロフィールや

お店や通販はあるのか?

結婚(嫁・子供)や年収は?

について書きました。



性格なのかもしれませんが

とことん突き詰める

タイプの方の様で

そのこだわりが商品に完全に

活かされてビジネスが成り立っている。

まさに「好き」を仕事にしている

数少ない人なんじゃないでしょうか?

最後までお読み頂き有り難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする