ひでこコルトン(料理研究家)経歴は?悪徳の評判!?旦那や子供・収入源や自宅はどこ?【深イイ話】

こんにちわ!かっちゃんです。

この記事はカリスマ料理研究家の

ひでこコルトンさんの情報について

まとめたモノです。



深イイ話で料理研究家の

ひでこコルトンさんが取り上げられます。

ん?誰?って方も多いと思いますので

ひでこコルトンさんの経歴や

悪徳の評判がある理由、

また旦那さんや子供さんについて、

収入源や自宅についても調べてみました。

ひでこコルトン(料理研究家)さんって何者?経歴(プロフィール)は?

ではまずはひでこコルトンさんの

経歴(プロフィール)を見てみましょう。


出典 ひでこコルトンインスタグラム
  • 名前 ひでこコルトン
  • COLTONS NEWYORK代表取締役
  • ニューヨーク在住
  • 前職 モルガン・スタンレー証券
  • コロンビア大学留学
見た感じ40代位の綺麗な女性。(実年齢は55歳です)

なんで「深イイ話」で取り上げられるの?

そんなに有名?

と思いましたが、

すでにニューヨーク在住歴30年を超え

アメリカでは

テレビの料理番組への出演や、イベントプロデュース。

料理教室や企業のレシピ開発など

幅広くビジネスを手掛けているようです。



今回毎日パーティ三昧という事で

深イイで特集されるようですが、

ビジネスでかなり稼いでいるんでしょうね。

インスタにはこんな画像がたくさん

アップされていますので


出典 ひでこコルトンインスタグラム

パーティ三昧は本当なんでしょうね笑

隣はご主人の様ですね。

なんだかカッコいい!

ひでこコルトン(料理研究家)は悪徳の評判!?なぜ?

ひでこコルトン(料理研究家)さんを検索すると

注目のワードに

「悪徳」「評判」という

キーワードが出てきます。



ちょっとショッキングなワードですが

要はひでこコルトン(料理研究家)さんって悪徳なの?

って事を検索している人や、

評判を気にしている人がいるという事です。

どういう事なんでしょうか?



調べてみると

ひでこコルトンさんは実態のある料理教室

とは別にCOLTON METHODという

成功者の思考というか自己啓発的な

コンテンツも売っています。



やはり形のないモノという事で

これらに対して「高い」や

「怪しい」といった印象を持つ人も

いる事は事実です。



そういった事からこういうワードが

出てきているんでしょうね。

ひでこコルトンさん結婚(旦那・夫)や職業・子供は?離婚歴あり!?

そんなひでこコルトンさんですが、

現在結婚はされているんでしょうか?



ひでこコルトンさんは

結婚されていて

旦那さんはコルトンさんです(当然ですね笑)

仲の良さそうなお写真がインスタにアップされています。


出典 ひでこコルトンインスタグラム

ちょっとジローラモさんのふっくら、

優しい表情にしたような方です。



コルトンさんとの子供はひでこコルトンさんが

39歳の時にできました。

そして実はひでこコルトンさんは

コルトンさんと結婚する前に離婚歴があります。



離婚した前の旦那さんもアメリカの方でしたが

うまくいかず5年で破局を迎えたそうです。

現在のコルトンさんの職業(仕事)ですが

色々調べてみましたがわかりませんでした。



ひでこコルトンさんがこれだけ成功されているので

もしかしたら、ひでこコルトンさんの

サポートをされているのかもしれませんね。

ひでこコルトンさんの収入源や自宅は?

現在カリスマ料理研究家として、

メディアに出版にイベントにと

多忙なひでこコルトンさんですが、

やはり料理研究家という肩書だけあって

主な収入源は

料理教室やレシピ開発等「料理関係」で

大きな収入を得ている様です。



ただ一方で「自分らしく生きる」という

ライフスタイルのアドバイザーとしての

収入もあり、

こちらの方が色々な意味で注目度が高いようですね。



自宅の場所やどんなお家にお住まいか

興味があったので調べてみましたが

自宅についての情報はインスタやツイッターでも

見つけられませんでした。

まとめ

いかがでしたか?

今回は深イイ話で特集された

カリスマ料理研究家のひでこコルトンさんの

経歴や悪徳の評判の理由、

結婚(旦那・夫)離婚について、

また子供や収入源・自宅について書きました。



やはり今の時代、

海外に出て活躍している人は

規模も大きいし雰囲気が違いますね。

そして驚いたのはひでこコルトンさんが

現在55歳という事。

輝いている女性はいつまでも若いもんなんですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする