イッテQ打ち切り?やらせ企画の責任者は演出(プロデューサー・ディレクター)?実名公表

こんにちわ!かっちゃんです。

速報ニュースで取り上げられた

世界の果てまでイッテQの

やらせ疑惑の情報について

まとめたモノです。



驚きの情報を文春さんがスクープです。

人気番組のイッテQのお祭り企画に

「やらせ」の疑惑が・・

企画の責任者は誰?の声が上がっています。

やはり演出のディレクターかプロデューサー

なのでしょうか?

企画に関わるスタッフの実名を

調べてみました。

打ち切りの危機を回避できるのか?

また他の企画にやらせはないのか、

内村光良さん以下出演者は

知っていたのでしょうか?

スポンサードリンク

イッテQのやらせ疑惑を週刊文春がスクープ!「橋祭り」は嘘

とんでもないスクープです。

今や日曜日の20時と言えば

家族揃ってテレビは「イッテQ」という位

お茶の間に浸透してるバラエティ番組の

【世界の果てまでイッテQ】



様々な企画に出演者がガチで

体当たりでこなしていく事に

視聴者が共感して時に笑い、

時に泣くというホントに良い番組です。



そんなイッテQのお祭り企画の

やらせ疑惑を文春が報道しました。

「お祭り企画」は世界中にある

ちょっと変わったお祭りを芸人の

宮川大輔さんが現地まで行って

実際に体験していくところを

放送するというドキュメンタリータッチの

企画です。



なんとこのお祭り企画で

2018年5月に放送された

ラオスの「橋祭り」が

実際には存在しない祭りだったと文春がスクープした。



それを受けてイッテQ側は

やらせを否定しながらも

「橋祭り」は毎年行われていたものではなく

今年初めて行われた事を認めました。


出典 日本テレビ

公式サイトにはお詫びの文面が・・

イッテQの企画責任者スタッフは誰?演出(プロデューサー・ディレクター)実名公開

ではこの「お祭り企画」自体を

企画した責任者は一体誰なのでしょうか?



私はテレビ業界には詳しくはないのですが

やはり演出・企画に関わる

プロデューサーやディレクター辺りが

深く関わっているのではないかと思います。


出典 文春オンライン

そこでイッテQの

チーフプロデューサー・プロデューサー・

ディレクターを調べてみましたので

実名で公開します。



チーフプロデューサーは横田崇さん。

プロデューサーは

末延靖章さん、岡﨑成美さん、中村昌哉さん、伊藤英恵さん

ディレクターは

立澤哲也さん

お祭り企画を担当しています。



もしかしたら配置転換で担当外になっている

可能性もありますが

私が調べた限りでは

このメンバーだと思います。



なのでやはり責任的には

チーフプロデューサーの横田崇さんや

担当ディレクターの立澤哲也さんが

結構ヤバいかもしれませんね。

スポンサードリンク

イッテQは打ち切り!?内村光良さんや出演者はやらせを知っていたのか?

まだまだ詳細はわかっていませんし、

現在はイッテQのお祭り企画が「やらせ疑惑」に

かかっているという事だけが現実です。



しかし番組にかかるダメージはかなりキツイ!

これを受けて当然視聴者は

「他の企画もやらせなんじゃないの?」

「イモトさんのは?」

「出川さんのは?」

まぁ普通にこのように思いますよね?



その辺りの視聴者離れが気になります。

更には

放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会が

報告を求めたという事で

やはり番組は「やらせ」を否定はしていますが

何かしらの説明がいる状況になっている事に

間違いはありません。



一番怖いのはこれを機にイッテQが

打ち切りになるのではないか?という懸念。

過去にも人気番組だった発掘あるある大事典も

やらせで打ち切りに追い込まれました。



それだけ今の視聴者はシビアですからね。

それともうひとつ気になるのは

果たしてこの事をお祭り男の

宮川大輔さんや司会の内村光良さんは

知っていたんでしょうか?・・



このご時世、

やらせなんかしたら一気に信用が

吹っ飛ぶ恐れがある事がわかっているので

恐らくタレントさんは知らなかったんじゃないか

と思いますね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は人気番組イッテQでの

お祭り企画のやらせ疑惑を文春が

スクープした件と

更に企画の責任者スタッフと思われる

演出(プロデューサー・ディレクター)の

実名を公開しました。



これを受けての世間の反応が

一体どうなるのか?

番組の打ち切りはあるのか?

今後の展開が気になります。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする