貴乃花は黒米(古代米)が主食!どんな味?栄養価高く便通もいい左利きも披露

こんにちわ!かっちゃんです。

この記事はしゃべくり007に

出演した元貴乃花親方の

情報についてまとめたモノです。



すったもんだあった上で

相撲協会を引退した

貴乃花親方がしゃべくり007に

出演しました。

様々なエピソードを振りまきましたが

気になったのが主食の米が

黒米だという事。

黒米(古代米)って何?って事を

調べてみました。

一体どんな味なのか?

栄養価も非常に高く

便通がいいというのは本当か?

また黒米を食べる貴乃花親方が

左利きだった事にも注目が・・

スポンサードリンク

貴乃花親方がしゃべくり007に出演!

元貴乃花親方が引退後初の

バラエティ番組にしゃべくり007を選びました。

世間的にはとっつきにくい印象ですが

しゃべくりに出演した貴乃花親方は

まるで別人!



面白話や長男の優一君の事

娘さんの事など

ぶっちゃけ話をガンガンしてくれました。

ネット上では

「貴乃花いい笑顔で出演」とか

「ふっきれたようで良かった」といった

意見が多数を占め

概ね貴乃花親方に好意的な

感じで世間が見ている事がわかりました。

主食は黒米だという事を告白!黒米って何?

そんな貴乃花親方ですが

色々な趣味趣向を教えてくれる中で

これまでずっと

主食は白米ではなく

黒米(古代米)を食べていた事を告白!



ん?

黒米(古代米)って何?


黒米とはいわゆる

精米してないお米で

黒というより

紫色に輝いている事から

紫黒米(しこくまい)とも呼ばれます。

ん~玄米だと思っていただいていいと思います。



一体どんな米かと言われると

画像がこんな感じです。


本当に真っ黒ですね!

ん~・・ただあんまりおいしそうには見えないかなぁ・・

やっぱ私は白米を思いっきり食べたいです笑

スポンサードリンク

黒米(古代米)は栄養価が高く便通も良くなる!?味は?

貴乃花親方が黒米を食べる理由は

ふたつあります。

ひとつは栄養価が高いという点。

もうひとつは便通がよくなるという点。



どちらも正しければ

これは食べない手はありませんよね。

ではどういった栄養価があるのか?



まず黒米は白米よりも

ビタミンやマグネシウム・カルシウムが

豊富で新陳代謝を促す効果があります。

美肌効果です。



ビタミンB1やB2は白米よりも

各段に高いですね。



そして二つ目が便通が良くなるという事ですが

ただこれは気を付けないと

デメリットにもなります。

黒米にはポリフェノールが多く含まれていて

それが便通に効果的なんですが

しかしあまり多く摂りすぎると

逆に下痢をしてしまうという

マイナスポイントもあります。



気になるお味は

やはり玄米なので固いです。

なのでよく噛んで食べる必要は

ありますが、

慣れればもちもちして美味しいみたいですよ!



黒米を主食にする場合は

その辺りに気を配って食べる

必要があります。

貴乃花親方が左利き?意外と知られていなかった!

そして貴乃花親方が勧めた

黒米をスタジオで出演者みんなで

食べるシーンがあったのですが、



ここで視聴者からちょっとした

驚きがありました。

それは黒米と番組が用意した

おかずを食べる貴乃花親方の

利き腕が左手だったという事。



SNS上では一気に

「えっ!?貴乃花親方ってぎっちょ?」

「うそ!左利きだったの?」

という声が多数。



やはり昔から左利きは

天才肌という言い伝えがあり

これまで愚直に筋を通してきた

貴乃花嫌方が左利きだった事に

「あ~やっぱ天才だったんだ!」

って事でなんだかよくわからない

納得をしている人がたくさん出ました笑

まとめ

いかがでしたか?

今回は相撲協会引退後初の

バラエティ出演の貴乃花親方が

しゃべくり007に出演して

今までにない笑顔や吹っ切れた

暴露トーク等とても和やか面白い

一面を見せた中で、

主食として食べている米が

白米ではなく黒米だったという事を告白。



黒米の理由は栄養価が高いという事と

便通が良くなるという事でした。

そこで黒米とは何か?

栄養価はどうなの?

どんな味?

便通は良くなるの?

等々気になる事を書きました。

私はやはり主食は白米にしたいですが

たまには黒米も食べてもいいかなぁ

と思いました。

黒米を食べても自分が貴乃花親方みたいに

なるわけではありませんが、

なんとなく自分にいい気はしました。

単純ですね笑

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする