リーブ・アリューシャン航空8便の事故原因は?生存者は?大逆転の奇跡!

この記事は奇跡体験アンビリバボーの

特番「まさかの大逆転」での

リーブ・アリューシャン航空8便

緊急着陸事故の情報について

まとめたモノです。



アンビリバボーでまさかの大逆転と題して

2つの事件が取り上げられました。

その内のひとつが

リーブ・アリューシャン航空8便

緊急着陸事故です。

離陸直後起こった事故?

一体事故原因はなんだったんでしょうか?

そして生存者は?

どんな逆転があったのか?

事故を調べてみました。

スポンサードリンク

リーブ・アリューシャン航空8便緊急着陸事故とは?

この事故の概要はどんな事故だったのでしょうか?

事故は1983年アメリカアラスカ州の

沖合で起きた事故でした。



アラスカとシアトルを結ぶ定期便で

週に1回だけのフライトでした。

使われていたのはプロペラ機で

ロッキード L-188。

当然整備は万全でその日の乗務員も

ベテラン勢で何の心配もない状況でした。


しかし離陸後わずか数分でプロペラが

外れ胴体に直撃!

即引き返しを機長が決断したのだが

機体は操縦不能に陥り、

リーブ・アリューシャン航空8便は

緊急着陸を余儀なくされる事に・・



乗客はパニック!

プロペラ激突で機体には穴が開いており

気温と気圧が不安定になり

手動操縦も全く不能!

緊急着陸を成功させるため

リーブ・アリューシャン航空8便のクルーたちは

その場その場で様々な決断を迫られる事になります。



数々の異常事態を経て

リーブ・アリューシャン航空8便は着陸

することになりました。

なぜ着陸できたのか?パイロットと航空会社の機転の連続!

実質、プロペラが外れて

第4エンジンは停止状態。

しかも機体には穴が開いている。

更に操縦は不能状態!



着陸はおろか墜落してもおかしくない状態です。

なのになぜリーブ・アリューシャン航空8便は

緊急着陸することができたのでしょうか?

そこには機長をはじめパイロットと

リーブ・アリューシャン航空スタッフの

ギリギリの攻防がありました。



機体に穴が開いていて操縦不能になった時に

まずは機長が咄嗟に自動運転に切り替えた。

これが功を奏しひとまず安定しました。

しかしすぐに右旋回ぎみのなりまたも危機に。



そこで高度を下げて操縦かんを全力で操作すると

なんとか持ち直した。

出発地点のコードベイ空港に向かったが

リーブ・アリューシャン航空8便自体が

機体が古く自動着陸できない。

結局アンカレッジ空港に着陸することに・・



しかし途中にアリューシャン山脈という

乱気流が起きやすい場所があり

危険度が増すという事で

パイロットは躊躇したがそれしか

選ぶ道はなかった。そして向かう事に!

たまたまその日は乱気流は起こりませんでした。



この操縦・着陸地点・・

それぞれの判断は命ギリギリの

決断でまさに命を削った

瞬間だったと思います。

機長やパイロットの気持ちを考えると

ゾッとしますね。

私も飛行機は苦手で離陸と着陸の瞬間は

とっても怖いです。

そう考えると乗客の皆さんも

相当怖かったでしょうね。



最終的に幾度もの危機を超えて緊急着陸できました。

スポンサードリンク

事故原因は何?乗客は無事?生存者はいたのか

気になるのはこの
リーブ・アリューシャン航空8便の

事故原因です。

一体なぜこうなってしまったんでしょうか?



そもそもの事故の原因は飛行中に外れた

プロペラが落下してしまっていたので

わかりませんでした。



途中操縦不能に陥ったのは

プロペラが機体に当たって

穴が開いた事による減気圧によって

エンジンの制御ケーブルに損傷が

起こってしまった為だったとわかった。



でも事故後パイロットたちが操縦桿を

思いっきり押し引きしたせいで

手動操縦が最終的に可能になったという事もわかり

ギリギリのリーブ・アリューシャン航空8便の

クルーの判断が着陸を可能にしたのでした。



そして生存者ですが、その日

搭乗していたのは15名だったのですが

なんと15名全員が無事救出されて

けが人もなかったという事です。

機体の火災がなかったという点も

プラスになったようですね。



ホントに奇跡の着陸ですが

リーブ・アリューシャン航空8便に

搭乗していた乗客の人は

その後飛行機に乗っているんですかね?

ちょっとした疑問ですが、

そんなに怖い思いしたんだから

もう二度と乗らない!・・

って思うのか、その時はたまたまそうなっただけで

飛行機の安全性は高い!と思って

その後も乗り続けているのか?

1回聞いてみたいです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はアンビリバボーの

まさかの大逆転という事で

リーブ・アリューシャン航空8便

緊急着陸事故について書きました。

この事故は乗務員の判断が

ひとつでもおかしかったら

全てがアウトになっていた可能性がある

事故でした。

それだけに機長をはじめスタッフの

方々は寿命がちょっと縮んだ

思いをされたかもしれませんね。

※アンビリバボーのもうひとつの

まさかの大逆転の記事はこちら

図書館事件(ユタ州)の犯人クリフォードの要求とは?警察官ロイドの決断!



こういうのを聞くとまた

飛行機乗るの怖いんですよね~

小心者なので笑

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする