【仰天】マルシリ症候群とは?遺伝子異常で痛みを感じない体質の一家

この記事はイタリアのトスカーナ地方に住む

遺伝子異常より痛みを感じない

体質のレティツィア・マルシリ一家の

情報についてまとめたモノです。



世界ギョーテンニュースで

イタリアの驚愕の家族が

紹介されます。

なんと痛みを感じない体質の

家族を取り上げます。

遺伝子異常から起こるこの現象は

レティツィア・マルシリ一家の

マルシリという名前から

マルシリ症候群と名付けられました。

ギョーテンではその一家のいきさつを

番組内で詳細に紹介します。

スポンサードリンク

マルシリ症候群とは?

マルシリ症候群とは一体どんな病気なのでしょうか?

今回仰天ニュースで

「痛みを感じない」とキャッチーな

フレーズで予告されていましたが

実際には痛みを感じないわけではなく

感じにくいという事らしく

ケガをしたその瞬間は確かに「痛い」

のですが、その感覚がすぐになくなっていくそうです。


しかも骨折ややけどといった結構な

重症の怪我であってもそうらしいです。

父以外の一家全員がそうであるという事で

イタリアのトスカーナ地方の

レティツィア・マルシリ一家の

マルシリ一という名前から

マルシリ症候群という名前になりました。



マルシリさんの話では

痛みはほんの数秒ですぐに消えるらしい。

暑さ寒さにも強く、

汗もかきにくいという事がわかりました。

原因は遺伝子の突然変異!?

では一体なぜこのような症状が発症するのでしょうか?

ある意味羨ましいですが

痛感が欠如しているので

知らない間に重症化する可能性はありますよね。



これは遺伝子の突然変異から

このマルシリ症候群が発症するらしいです。

遺伝子の中のZFHX2というものの

変異から痛感が薄くなっていくという事が

マウスの実験で証明されました。



マウスからこの遺伝子

ZFHX2を抜き取ったら痛みは感じず

熱には敏感に感じました。

そしてこのマルシリさんのZFHX2を

入れ込んだら痛みも熱にも

鈍感になったそうです。



という事はZFHX2は痛感に

関する遺伝子ではあるが

痛み・熱両方に対して

効果があるのはこのマルシリさんのZFHX2

の突然変異した遺伝子が有効という事ですね。

スポンサードリンク

今後の研究で人工的に痛みを感じにくくできるかも?

という事は、現段階では

まだわからない事も多いかもしれませんが

今後研究を重ねていくと

このマルシリさんの様に

本人が希望すればこのZFHX2という

遺伝子を人工的に操作して



意図的に痛みや熱を感じにくい

体質にすることも可能になってくるんじゃ

ないでしょうか?

ただしそれにはマルシリ症候群である

レティツィア・マルシリ一家の

協力が必要不可欠です。



そこの所を

家族の一人である

レティツィア・マルシリさんにインタビューした所

他の人にも、痛みの和らげ方に
可能性があるということを
考えて貰いたいですね。
私のことをスーパーヒロインのように
捉えて貰いたくありませんが。
この症状を研究することで、慢性疼痛に対する
新たな治療方法が見つかるかもしれません。



このように発言されているので

なんらかの形で協力はしてくれそうですね。

痛みを感じないのが果たして

良い事なのか悪い事なのかは

賛否両論あると思いますが、

例えば終末医療なんかで役に立つような

何かができればそれはそれで

必要な人には有意義な研究にはなると思います。



しかし、ホン人間の体ってまだまだわからない

事だらけですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は痛みを感じない症状

マルシリ症候群について書きました。

ZFHX2の遺伝子異常の突然変異でできた

このマルシリ症候群。



今後の研究が本当に期待されますが、

個人的には

ん~今の所私はまだ痛みは感じる状態で

いたいかなぁ・・

でも実際年を取ってガンとかに

なっちゃった時に

最後の最後で痛いのは嫌かなぁ・・

みたいな勝手な考えもあります。笑



一体どっちが幸せなんでしょうかね。

最後までお読み頂き有難うございました。