【マツコ】チェッターヒンレトルトでエスニック嫌いを克服!?

この記事はマツコの知らない世界にで

特集されたエスニック料理の

レトルトの情報について

まとめたモノです。



今回マツコの知らない世界で

特集されたのはエスニック料理の

レトルトです。

とにかく聞いた事がない料理名が続々・・

フーティユボーコーやチェッターヒン等

そんなレトルトあるの?って感じの

ものが出てきます。

エスニック嫌いのマツコさんは

あからさまに嫌そうな顔を

していましたが次第にその美味しさに

はまっていく様子が・・

エスニック嫌いは克服できるのでしょうか?

スポンサードリンク

エスニック料理ってどんな料理?

そもそもエスニック料理って

どんな料理なんでしょうか?

エスニックとは民族という意味なのですが

日本でのエスニック料理とは

タイやインドネシア島の東南アジアやインドや

中近東の料理を指す事が多いです。



エスニック系の料理には特に日本人は

好き嫌いが激しく、好きという人は

かなりはまっている人が多く

嫌いという人はとにかく受け付けない

というタイプが多いですね。

癖が強い料理が多いからなんでしょうね。

エスニック料理にレトルトがあるらしい

そしてそのエスニック料理を特集するんですけど

なんとエスニック料理のレトルトがあるらしい。

まぁ今色んな種類の料理のレトルトがあるので

エスニック料理のレトルトがあってもおかしく

ないですが、

どんな感じなんでしょうね。


マツコの知らない世界の番組予告を見ただけで

とっても気になりました。

毎日エスニックを食べている

伊能すみ子さんという方が

紹介しているんですけど

エスニックは「おふくろの味」と

言い切るほどのエスニック好きです。

エスニック好きにはエスニック嫌いが

嫌だと思う香りが良いといいますね。

フーティユボーコーやチェッターヒン!?聞いたことない!

紹介されたエスニック料理には

聞いた事がない料理ばかりで

フーティユボーコーという料理や

チェッターヒンという名前の

エスニックレトルトが登場します。

フーティユボーコーとは?

それぞれ見ていきます。

フーティユボーコーとはどんな料理なんでしょうか?

フーティユボーコーはベトナムの料理で

米で作った麺を使います。

有名なフォーよりも細い麺ですね。



牛肉と野菜のスープにその米の麺を

入れたものがフーティユボーコーです。

シチューに麺が入っている感じですね。

食通に好まれる味ですね。

チェッターヒンとは?

次にチェッターヒンとはどんな料理か?

チェッターヒンとはミャンマーの料理で

日本で言う所のチキンカレーですね。



ヒンというのがおかずという意味で

チェッターが鶏肉という意味らしいです。

日本の味に近くちょっとクセある

カレーって感じですね。

もう一回食べたくなる味で

記憶に残る料理だと思います。

スポンサードリンク

マツコついにエスニック嫌い克服!?

そんなエスニックレトルトを

次々とマツコさんが食べていくのですが

エスニック嫌いというマツコさんなのですが

食べていくうちに「おいしい~」の一言が・・



ついにエスニック嫌い克服か!?



予告ではおいしい~と言ったのが

どの料理かはわかりませんでしたが

チェッターヒンなんじゃないかなと

思いました。

ちなみにチェッターヒンのレトルトは

3食で2680円位で

フーティユボーコーは5食で

1650円位で販売していますので

結構リーズナブルです。

気になる方は一度食べてみても

いいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はマツコの知らない世界で

取り上げたエスニックレトルトに

ついて書きました。



全く聞いた事がない料理名の

ものがたくさん出てきましたが

結構私自身もエスニック料理に

対して誤解していたなぁと思います。

癖が強いと言われていますが

おいしそうに見えて食べてみたいなぁ

と思います。



このレトルトの存在で

意外とエスニックファンが

増えるかもしれませんね。

最後までお読み頂き有難うございました。