更科有哉(さらしなゆうや)ヨガ教室に予約殺到?【嵐にしやがれ】

この記事は今回【嵐にしやがれ】で

アシュタンガヨガという独特なヨガを

披露したヨガの指導者、

更科有哉さんについての情報を

まとめたモノです。



情熱大陸にも出演したことがある

現在ヨガ界の新鋭とも言える

アシュタンガヨガの指導者

更科有哉(さらしなゆうや)さんが

ヨガの良さを伝える為に【嵐にしやがれ】

に出演しました。



ヨガ教室も開く更科有哉(さらしなゆうや)さんは

イケメンでワイルドな容姿から予約が殺到しているとの事。

そんな更科有哉(さらしなゆうや)さんに

ついて色々調べてみました。

スポンサードリンク

更科有哉(さらしなゆうや)さんのプロフィール

では早速更科有哉(さらしなゆうや)さんの

プロフィールを見てみましょう。


出典 更科有哉公式インスタグラム
  • 名前 更科有哉(さらしなゆうや)
  • 生年月日 1977年
  • 出身地 北海道札幌市
  • 職業 アシュタンガヨガインストラクター
かなりのイケメンですよね。

それでいてワイルドでもあるので

女性ファンも多いと思います。



サッカー等のスポーツを子供の頃は

やっていたようですが

さすがにこのお顔なので

一時は俳優を目指して上京したそうですね。



何か機するものがたったのかは

わかりませんが

ある時からヨガに興味を持ち出し

独学でスタートしてから

30歳になる頃に本場インドに渡って

本格的に学びだしたみたいですね。



そして最終的にはアシュタンガヨガの

正式な指導者資格を取得したという事です。

片岡鶴太郎さんがのめり込んだ事も

大きく影響して今ヨガは密かにブームになっていますね。

アシュタンガヨガとは?

では更科有哉(さらしなゆうや)さんが

資格を取得したアシュタンガヨガとは

一体どういったヨガなんでしょうか?



やはりヨガと言ってもタイプがあるらしくて

とっても運動量が多いヨガが

アシュタンガヨガだと言われています。

心も体も一緒に鍛えたいと言った

人にはもってこいのヨガだという事です。

女性に向いているかもしれませんね。



アシュタンガとは

インドのサンスクリット語で「八支則」の事だそうです。



「八支則」とは

ヤマ(禁戒)、二ヤマ(勧戒)

アーサナ(坐法)、プラーナヤーマ(呼吸)

プラティヤーハーラ(感覚の制御)、ダーラナ(集中)、

ディヤーナ(瞑想)、サマーディ(三昧)



この八つのルールを基にした

ヨガスタイルという事です。

一番の特徴は

ポーズ!アーサナのポーズから流れるように

ポーズを続けていくスタイルで

このアーサナにレベルの様なものがあり

上達するにつれてアーサナのレベルも

上がっていくという事です。



主に女性に向いているというのは

アシュタンガヨガの特徴として

ダイエット効果と集中力向上に効果があると

言われているからです。



ただこのアシュタンガヨガは比較的

難しい、難易度の高いヨガですので

初心者はまず基礎を学んでから

やる方がいいかもしれませんね。

今回嵐にしやがれでヨガを教えてくれるのですが

恐らく初心者でもできるポーズを

教えてくれると思うので、

それができればアシュタンガヨガに挑戦してみてもいいかも・・

スポンサードリンク

更科有哉(さらしなゆうや)さんのヨガ教室を紹介!

そんな高度なアシュタンガヨガの指導者の資格を

持った更科有哉(さらしなゆうや)さんですが、

彼はアシュタンガヨガを広める為に



ヨガ教室というかワークショップを

実施しています。



ヨガワークショップと銘打って

基礎を中心に各地で行っています。

価格は90分コースで税込で5500円という設定です。

食事(ランチ)代も込だと税込10000円で

行っています。



ランチも設定している点でやはり女性を

ターゲットにしているんでしょうね。

ただ、予約殺到で中々参加できないようです。



その他オーガニックライフヨガという

ものも実施されていてそれは比較的安く

事前予約では2300円という価格設定です。



ワークショップやオーガニックライフヨガ

どこの場所も

キャンセル待ち状態のようです。

参加できるだけでプレミア級ですね。

呼吸法を学べるだけでも良い勉強に

なるかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は数百あるヨガの種類の中で

難易度の高いアシュタンガヨガの

指導者更科有哉(さらしなゆうや)さんに

ついて書きました。



ヨガってなんだか怪しい感じの

イメージでしたが、

こんなイケメンに教えてもらえると

なんだかはまってしまいそうですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする