【シンソウ坂上】千田郁司の出所後の現在は?横領事件はアニータの為?

この記事は2001年青森県で起きた

巨額横領事件の犯人千田郁司さんと

妻のアニータさんの情報について

まとめたモノです。



青森県住宅供給公社の巨額横領事件

といえばすでに17年もの時が過ぎているが

記憶に残ってる人も多いはず。

出所した千田郁司さんが横領した額と

その使い道が強烈だったからです。



横領額は14億円でその内のほとんどが

妻のアニータ・アルバラードさんに

渡っていたという事実がわかると世間は

猛バッシング!

あれから出所したであろう千田祐司さんと

アニータさんは現在どうしているのだろうか?

スポンサードリンク

【シンソウ坂上】で横領事件やその後をアニータに直撃!

今回この事件の渦中の人物である

犯人の妻アニータさんにシンソウ坂上が

取材を敢行しました。




当時この事件は色々な角度から

世間の批判にさらされる事となります。

なぜ?ひとりの職員がこれだけの額を

扱えるのか?



なぜ14億円という巨額横領に

達するまで発覚しなかったのか?

この犯人が横領をするように差し向けていたのは

アニータさんなんじゃないか?

等々疑問を挙げるとキリがない位

不思議な事件でした。



これらの事実にアニータさんは

どのように話すのでしょうか?

横領したお金で母国チリに大豪邸を建てる!

なんといってもこの事件で

アニータさんが一気に世間から白い目で

見られたのは



夫から貰ったお金で自分の母国チリに

プール付の大豪邸を建てていた事です。

当時報道陣の取材攻勢に

「貰っただけ」

「知らない」

「関係ない」

と繰り返すばかりで全く取り合わなかった

アニータさんですが、

まぁ当時も言われていましたが、

アニータさんは夫から与えられる

数千万・数億円のお金の出所は聞かずに

不審にも思わなかったと言っていますが



ま、これは普通に考えておかしいですよね。

住宅供給公社の給与なんて

いくら犯人の千田郁司さんが大きな役職に

ついていたとしても賞与入れても600~800万円が

いい線だと思います。



それを数千万だ億だと渡されたとしたら

まず「なんで?」「何これ?」ってなるはずですよね?

ここら辺を語ってくれるのかが

とっても気になります。

出所後の千田郁司さんの現在は?

シンソウ坂上では事件の妻アニータさんを

取り上げますが、この記事では

犯人の千田郁司さんにフォーカスしてみます。



テレビでアニータさんが

「違う」「私じゃない」「関係ない」

と吠える形相を見せるたびに

当時逮捕された時の千田郁司さんの顔が

映ると「あ~この人気が弱そう・・」

「やらされたんかな~」

な~んて思った人も多かったんじゃないでしょうか?



正直、見た目は冴えないおっちゃんで

ザ・役所の人って感じの風貌でした。

2002年に15年の求刑に対して14年の実刑判決

でしたので、満期で務めたとしても

2年前に出所している計算になります。



一体現在どこで何をしているんでしょうか?

実はこの千田郁司さんとアニータさんは

まだ離婚してないという風にも言われています。



恐らく2016年に出所したであろう

千田郁司さんからアニータさんは

手紙を貰ったと言っています。

「彼は誰も知らない山奥でひっそりと暮らす」

という旨の事を書いていたそうですが

真相は定かではありません。

※番組ではアニータさんは

現在は離婚を望んでいると話していました。



あくまで実行したのは千田郁司さん

本人ですから今後も公社への債務は残る事となります。

まず返済は無理ですが、かといって

刑期を終えた方に監視をつけるわけにもいきません。

果たして今後表舞台に出ることがあるのかどうか・・

まぁないでしょうね・・。

スポンサードリンク

アニータさんはチリではタレント活動!順風満帆

一方、アニータさんはチリで出版をすればヒット。

テレビではお悩み相談に答える立場にあるらしいです。

どんな相談内容で、どんな回答をしているのか

気になる所ですが



当時も逮捕されることなく

現在も人生をエンジョイしきっています。

子供さんは9人いらっしゃるらしく

当然チリでも男性の存在もあるかもしれませんね。



そうなってくると

全く真逆な千田郁司さんの

これからが少し可哀想にも思えてきます。

こんなドラマの様な話がホントにあるんですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は2001年に起こった青森巨額横領事件の

犯人の妻アニータさんを特集した

シンソウ坂上と出所した千田郁司さんの現在に

ついて書いてみました。



なんだか、一方が悲惨で一方が幸せそうに

見えるとちょっと考えさせられるものがありますね。

もちろんやった事は悪いんだけど

釈然としない・・というか・・



たま~にこういう事件ってありますよね。

ホント事実は小説より奇なりとは

よく言ったものです。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする