根本要(スタレビ)言語障害や後遺症は?脳血栓で入院!脳梗塞との違いは?

この記事はスタレビこと

スターダスト・レビューの根本要さんが

脳血栓で緊急入院された事についての

情報をまとめたモノです。



世代を超えて幅広く人気がある

アーティスト、スターダスト・レビュー

ボーカル根本要さんが

脳血栓の為入院しました。

脳血栓と言えば後遺症として

言語障害などの言葉の障害がありますが

広域の声の幅が特徴でもある

根本要さんですが今後の言葉の障害や後遺症はあるのか?

根本要さん患った脳血栓と脳梗塞はどう違うのか?

現在の容体も合わせて色々調べてみました。

スポンサードリンク

スターダスト・レビュー根本要さんのプロフィール

では、根本要さんとは一体どんな人物なのか?

プロフィールを見てみましょう。

  • 根本要(ねもとかなめ)
  • 生年月日 1957年5月23日
  • 出身地 埼玉県行田市
  • 血液型 A型
  • 学歴 日本大学芸術学部中退
  • 職業 シンガーソングライター
まぁ恐らく根本要さんの名前よりも

「スタレビ」「スターダスト・レビュー」

というバンド名の方が明らかに認知度は高いと

思いますが、現在根本さんは61歳ですが

1981年にスターダスト・レビューはデビューしたので

およそ37年間も売れ続けている

伝説のバンドのボーカルと言えます。



根本要さんは歌う時のあの甘い声や

切ない声とは裏腹に

ライブやそれに伴う告知でのメディア出演時に

繰り出すトークでの面白さも超有名で、

飾らない語り口と歌を歌った時のギャップで

それに虜になっているファンは多いと思います。



同じようなキャラクターに松山千春さんや

亡くなったやしきたかじんさんがいますね。

どちらもそのギャップにコアなファンが多い

アーティストです。

脳血栓で入院!唇の痺れで気付いた!?脳梗塞との違いは?

そんな根本要さんですが脳血栓で入院したことが

ホームページの発表で明らかになりました。

これにより

2018年6月13日・14日に予定されていたライブは

急遽中止に。



からだの不調は根本さん本人がなんとなく

唇の痺れを感じ念のため検査を行った所

脳に血栓が発見されたそうです。



なんとも心配な話ですが、

一報を聞いた時に、脳血栓?

ん?脳梗塞とどう違うんだろうか?

同じかなぁ・・と思いましたが



少し調べてみると、どちらも脳への

血流が悪くなったり届かなくなったり

する所は同じなんですが

脳梗塞は

脳血管が詰まって脳の組織が

壊死してしまう事です。

それに比べ

脳血栓は単純に脳に

血栓(血流が悪くなる)ができる

病状だという事でした。



つまり、重症度という意味で言うと

脳血栓⇒脳梗塞といった

感じではないかと思われます。

恐らくこの解釈で合っていると思いますが

私自身は全く医療知識等はありませんので

そう思うというレベルでご理解くださいませ。

スポンサードリンク

言葉やろれつなどの障害や後遺症はあるの?

そして、一番気になるのが今回の脳血栓によって

根本要さんに言葉が出にくくなったり、

ろれつが回らなくなる様な

言語障害やその他の麻痺等の

後遺症は残るのでしょうか?



実は私も以前母親が脳梗塞を患った事があります。

茶碗を何度も落として割る、言葉が少しおかしい等の

症状に私が気付き、即病院へ。

すぐに根本さんと同じく血栓を溶かす点滴治療を

行いました。



その時に先生に言われたのは脳梗塞や脳血栓は

最初にいかに早く気付くかとすぐに病院に行き

血栓を溶かして脳への負担を最小限に止めるかが

勝負だとの事でした。



おかげで私の母は発症時は言語がおかしかったですが

今は全く異常ありません。



ですので、根本要さんも早期に気付き

血栓を溶かす治療を受けているという事ですので

病状も脳梗塞ではなく脳血栓だという事で

恐らく言語の障害も後遺症も出ないではないかと

思われます。



ファンにとっては根本要さん病状が軽かった事と

歌声をまた聞けるというのは

不幸中の幸いなのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回は世代間を超えた伝説のバンド

スターダスト・レビューの根本要さんの

脳血栓に関する情報を書きました。



7月に予定されている沖縄でのイベントには

復帰できるという予定らしいので

すぐにあの歌声を聞けるのが嬉しいですね。

しかし、ずっと一線で突っ走ってきた

根本要さん。

この機会に少しゆっくりと体調を整えて

万全の状態で復帰してほしいですね。

最後までお読み頂き有難うございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする